桜井の里福祉会ホームページ
法人概要ご利用方法今月の一枚求人・採用情報お問合せ・施設見学アクセス広報誌さくら
 
お問い合せフォーム
 
施設・事業案内


■桜井の里拠点

桜井の里


■分水の里拠点

分水の里


■地域密着サービス拠点

はな広場
生きがい広場地蔵堂
認知症グループホーム
つどい

    法人概要


社会福祉法人桜井の里福祉会は、平成5年4月に 厚生省(現厚生労働省)より設立認可を受け、翌平成6年4月に、特別養護老人ホーム「桜井の里」を開設しました。平成11年10月には法人として2番目の施設となる、特別養護老人ホーム「分水の里」を開設、各施設においては、デイサービスを始め、在宅サービス事業を広く展開し、高齢者のニーズに幅広く応え、常に老人福祉の推進に努めております。 経営理念である「もう一つのわが家づくり」のもと、地域の声を聞き、ご利用者とご家族が、安心して心地よく利用できるよう心掛けています。

    桜井の里福祉会ネットワーク


特別養護老人ホーム桜井の里(西蒲原郡弥彦村)
特別養護老人ホーム分水の里(燕市分水地区新堀)
高齢者総合生活支援施設はな広場(燕市横田地区)
生きがい広場地蔵堂(燕市分水地区地蔵堂)
認知症グループホーム
地域生活支援施設つどい(燕市分水桜町地区)

ケアに対する考え方






■〜もうひとつのわが家〜 に込められた意味


桜井の里福祉会が運営する全ての事業所が、ご利用者・ご家族・地域住民にとって、安心・安全な場(居場所)である
居場所とは「習慣や役割が発揮できる場」という意味を持つ
セカンドハウスとしての役割が果たせる場である
人と人との繋がりを大切にした集える場である
自分自身を表現でき、安心して過ごせる場(いたい場所・居心地の良い場所)である
ご利用者とスタッフが新たな関係性を大切にし、少しずつ築いていき、一歩ずつ自己実現を行っていける場である

■基本的考え方


@社会福祉法人桜井の里福祉会は、社会福祉法人として、地域の共有財産であることを使命とし、地域住民、ご利用者、ご家族の利益を第一とします
A私たちは、ご利用者とご家族の尊厳と権利を守り、「人として当たり前の生活」を保障します
B私たちは、法人職員としての自覚と全体を考えた行動を行い、専門性を大切にし、必要な資格の修得に努めます

■まず大切なサービス


どなたにも心からの温かい挨拶を行います
感じの良い受入れとお見送りを行います
人として自分がされて嫌なことは行いません

■職員の信条


権利擁護
1.ご利用者の人として当たり前の生活支援

@ご利用者に障がいがあっても当たり前に行っている生活が送れるようにします
A障がいを見るのではなく「生活者としての人」を見ていきます
Bご利用者がいつでも外に出かけられるよう配慮します

尊厳の保持
2.ご利用者を尊重した支援

@ご利用者に呼び止められたら必ず立ち止まり話を聞きます
A職員主体の環境作りは行いません
Bご利用者中心の言葉遣いをし否定語は使いません

自立支援
3.ご利用者の自立(自律)支援

@ご利用者を信頼し常に話し了解をもらって行います
Aご利用者に生活の中で役割を持って頂けるかかわり方をします
Bご利用者が自ら選び決定できるよう情報を伝えます

安心・安全
4.ご利用者の安心・安全な生活支援

@ご利用者を家族のように受け入れます
Aいつもご利用者の傍らにいることを大切にします
Bご家族にご利用者の生活を共に考えるパートナーになって頂けるよう常に働きかけます
 
 

役員、評議員について第三者委員についてご意見及び苦情解決について個人情報の取扱についてサイトマップ

Copyrigte 2006-2020 桜井の里福祉会 All Right Reserve
社会福祉法人 桜井の里福祉会 〒959-0318 新潟県西蒲原郡弥彦村大字麓3036番地
TEL.0256-94-3939 FAX.0256-94-2552 メールアドレス.sakurai-honbu@sakurai-fukushi.or.jp

  ※当法人ではご利用者様や職員の写真等を掲載する場合は事前に承諾をいただいております。